• 2014年入社/早稲田大学商学部
  • 東京支店
    営業部第3開発グループ

通信系の請求管理システムの改修

通信系の請求管理システムの改修作業に携わっています。 言語はJavaがメインです。試験工程ではC言語やPerlなど初めて見る言語もあり、貴重な経験になっています。 参画期間は4か月で、どのようにシステムを改修するかを考える詳細設計工程・プログラムを書いていく製造工程・製造をしたプログラムがしっかりと動くかを確認する試験工程と幅広くかかわることができています。最初はどんな場面で改修に携わっているシステムが使われるのか、どんな改修をしているのかが見えてきませんでしたが、長く幅広く関わることでそれらに対してのイメージをつかむことができてきました。

初めてお客様より『無事にリリースできました』と言われたこと

入社後3か月の新人研修が終了し、初めてのお客様先での勤務が終了したときのことです。 プロジェクトに参画した当初は、報告連絡相談などの仕事の進め方を身につけることや成果物の作成にとても苦労しました。毎日うまくいかないことが多く、途中でモチベーションがかなり落ちてしまうこともありました。しかし、一緒の現場の先輩方の支えもあり、報告の仕方を改善してみたり、とにかくチームの期限を守ることを目標に仕事を進めていきました。日々できるようになることも多くなり、少しづつ楽しさを見出すことができました。何より、自分自身がチームの一員であることの自覚が身についたと思います。常に悩み、試行錯誤しながらの作業でしたが、無事に私たちが作ったシステムをリリースできたと聞いた時の安堵感は大きなものでした。

N S Lを選んだ理由

当社に対して安心感を覚えたため。
新卒で入社し、プログラミングなどの経験はありませんでした。 入社のきっかけは安心感を覚えたことです。長い間、働く会社になると思うので、それが大事であると思っていました。管理職の方々や先輩方が、会社説明会で優しく迎えてくださったことや、面接ではとにかく私を知ろうという姿勢で向かってくださったこと、キャリアに対してのアドバイスをしてくださったことがとても印象に残っています。また、会社説明会でまず最初に個人情報保護・情報セキュリティ・品質強化に力を入れているという説明を聞いたときに、当たり前とも思えることも大事にしていることに、安心感を覚えました。